生産性のある企業はオフィスが快適!意識すべきポイントと事例紹介 生産性のある企業はオフィスが快適!意識すべきポイントと事例紹介

生産性のある企業はオフィスが快適!意識すべきポイントと事例紹介

最終更新日:October 13, 2020
近年では、オフィスで働く人の生産性をアップさせるために、オフィス環境を見直す企業が増えてきました。
テレワークも進んできた中で、オフィスの存在価値をしっかり見出したいですよね。
 
しかし、何に取り組めばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか?
 
この記事では、オフィスの環境改善の中でも、音楽について中心に解説していきます。
 
この記事でわかること
・オフィス環境で意識するべきなのは?
・音楽とオフィス環境の関係性は?
 
ぜひ最後までお読みください。
 

1.オフィス環境の大切さ

生産性のある企業はオフィスが快適!意識すべきポイントと事例紹介

生産性のあるオフィスを作るために、意識すべきなのは従業員です。オフィスは従業員が一日の大半を過ごす場です。
オフィス環境を改善することで、従業員のパフォーマンスを最大限に発揮し、生産性の高いオフィスを作ることができるのです。

また生産性が上がることで、企業自体が今よりも格段に成長することができるのです!

オフィス環境で生産性UP

考えてみて欲しい、学生の頃テスト期間に家族の話し声・犬の鳴き声・暑苦しい部屋に邪魔されて集中できなかった経験がある人は、多くいるのではないでしょうか?
そこでもし集中しやすい環境で休憩中には満足にリラックスができ、楽しく生活と勉強の両立ができたら?そんな環境があったら僕はテストで1位になっていたことでしょう。

冗談はさておき、実際に前述した環境が企業に存在したら…従業員はストレスなく満足して、活き活きと働き、会社に貢献することで会社の成長、発展に繋がるのです!

会社の成長

オフィス環境を変えるだけで、集中力が上がりより良いものを作ることができ、効率が格段に上がります。
効率が上がることで余裕ができ、残業も減り、発想力も向上することで、新しいものを生み出すことができるようになります。

また、余裕ができることで、自然とコミュニケーションが増え、自分の業務を客観的に見て人の意見を取り入れることで、成長に繋がるのです。
一人一人の従業員が活き活きとして会社自体の空気が変わり、生産性が格段に上がるのです。

意識すべきなのは従業員

そこで一番に大切にしなければいけないのは、従業員の目線から見た快適なオフィスづくりです。
いかに従業員がストレスなく快適にオフィスを設計するかが、最も重要なポイントなのです。そのための環境設計に全力を注ぐ必要があるのです。

例えば、オフィスの中にリラックスルームを設ける、便利な家具を置くなどもいいでしょう。
こういった従業員の働く環境を最大限整えることは、近年とても重要視されていて、多くの有名な企業でもこういった取り組みがなされています。

世界の最先端

そこで、世界的に有名な企業を例に挙げてみます。
Googleではジム、バスケットコート、ボーリング場など屋外スポーツ施設を完備し、食事は3色無料で提供、通勤には無料バス、オフィスは著名建築家がデザインした快適な空間を提供しています。
従業員のことを考えてここまで快適にしているのです。もちろんGoogleでは、多くの従業員から働く上で満足が得られています

従業員の能力を100%、いや120%出せるような環境が世界的大企業を支える大きな要因なのだと考えます。さらに、満足度の高いオフィス、福利厚生によって従業員だけでなく将来のためにもなるのです。

それはそうですよね、誰もがこの会社で働いてみたい!と思うような企業環境である為、良い人材が世界中から集まるのですから。
こうしてオフィス環境を最適化することは、本当の意味で生産性を上げ、企業の成長・発展に欠かせない点の一つになっているのです。

2.音楽を使った環境

生産性のある企業はオフィスが快適!意識すべきポイントと事例紹介
そこで私が生産性の高いオフィスづくりの為に提案したいのが音楽です。
音楽?と思う人もいると思いますが、実際ASICSや三菱重工などの大企業も導入しているのです。

皆さんも通勤時間などで使っていると思いますが、音楽はただ暇な時間に聞いて楽しむだけでなく、実は多くの影響を私たちに与えてくれているのです。

音楽のメリット

音楽にはマスキング効果、集中力の向上、リラックス効果、タイムキーパーなど多くのメリットがあるのです。

1つ目はマスキング効果です。
マスキング効果とは、音楽を流すことで雑音を消す効果のことで、周りの生活音やオフィス内での周りの会話、電話の着信音、オフィスの中にはあらゆる音で溢れています。
集中したい時電話の音がずっと鳴り響いていたら仕事の効率はもちろん、ストレスも溜まってしまいますよね?それを防ぐことができるのです。

また静かすぎるオフィスも存在すると思います。
何か質問をしたい時、一息入れたい時に会話をしようとした時、自分の声が会社全体に筒抜けだったら会話もしづらいですよね。このような問題でも音楽が流れていることで、周りの人には聞こえないのでちょっとした会話もしやすくなるのです。

2つ目は集中力の向上です。
音楽を流すことで、適度に集中することができます。
前述した通り、音楽にはマスキング効果が期待できるため、雑音なく集中して仕事に取り組むことができます。

また、人間は消音よりも仕事にあった音楽を流すことで集中でき、仕事の効率が上がるといわれています。特にジャズ系の音楽や、自然音と呼ばれる自然界の川の流れる音や、風の音などが集中できるとされています。また音楽は集中できるきっかけになるともいわれているのです。  

3つ目はリラックス効果です。
音楽を聞くことで、適度に緊張が抜けて良いパフォーマンスができるのです。試合の前などに音楽を聞いている光景を見たことがあると思います。音楽を聞くことで緊張を解いて、適度にリラックスすることができるのです。

また休憩中でも、自分の好きな音楽などを聴くことで、より効果的に休憩を取ることができます。時と場所によって音楽を使い分けることで、より効果的なリラックス効果、ストレスの解消に繋がることでしょう。

4つ目はタイムキーパーの役割です。
一日の流れを音楽によって知らせるのです。この音楽が鳴ったから今この時間だ!とわかるようにすることで一日のルーティンが生まれ、仕事へのパフォーマンスが向上するのです。

ある企業では帰宅時間が近づくと、音楽のテンポが早くなって、残業を防ぐような環境づくりの為に音楽を活用しています。
集中力が落ちてきた時にこの音楽が終わるまで…など集中力を持続させる効果などもあるのです。

音楽のデメリット

このように、音楽には多くのメリットがあり、会社のオフィス環境の改善には強くお勧めしたい要素の一つです。しかし、注意しなければいけないことがあります。

まず一つ目に音量です。音がうるさすぎたら逆効果になってしまいます。
集中力は低下し、ストレスがたまる一方です。スピーカーの近くの人が、音が大きすぎるとか、オフィスの端では、音楽を繋げていても音質が悪いなど注意しなければならないのです。

二つ目に音楽の種類です。誰もが知っている曲などを流してしまうと、「あ!あの歌だ」と口ずさんでしまい、業務に集中できなくなってしまうのです。

また、人それぞれ音楽に好みがあり、嫌いな曲が流れたらストレスになるし集中もできなくなってしまいます。
歌詞がなく聞き流せる曲、洋楽やジャズ、自然音などがおすすめですが、従業員などと話し合って決めるのが一番良いでしょう。

トップレベルのサービス

現代ではオフィス音楽が注目をされていて、企業が質の高いサービスを提供しています。

ハイレゾリューション音源と呼ばれる、CDの555倍の音のきめ細かさの高音質のオーディオシステムがあり、前述した、音楽のメリットをCDよりも更にグレードアップした効果があるのです。
株式会社コスモスモアのR-LIVEなど、オフィスに設置するにはおすすめの商品です。

3.目指すべき次世代の企業とは?

生産性のある企業はオフィスが快適!意識すべきポイントと事例紹介
このように、従業員のことを考えたオフィス設計が大切になるのです。オフィスを緑化して快適にするなど、オフィス環境の最適化は多くの方法があります。

特に海外の企業では、先のGoogleの例で述べた通り日本では想像もできないほどの魅力的な環境・設備が整っています。これからは時代の移り変わりとともに、日本のオフィス環境も変化が求められているのです。

日本の企業は遅れている

オフィス環境の改善のために、日本でもオープンオフィスなどにして、コミュニケーションの促進を図る企業は多くあります。
しかし日本ではオープンオフィスにしたことでコミュニケーションの数が逆に減ってしまい、常にだれかに見られている、とストレスに感じるという企業も多くあったそうです。

日本は先進国として、経済でも技術面でも世界上位です。しかし生産性が先進国群の中でダントツに低いという調査が出ているのです。
その原因の一つが個人作業です。日本は仕事を個人で行うことが多い為に、作業効率の面では高いのかもしれませんが、海外のチームで仕事をして意見を出し合うやり方とは、異なるために生産性が低いのです。
個人作業が多い為にオープンオフィスにすると逆にストレスになってしまうケースが多いのです。

生産性の向上を目指すのであれば、仕事のやり方というのを見直していかなければいけないのかもしれません。

通勤したくなる企業へ!

音楽でストレスのかからず、ミーティングルームを多く設置することで集中して作業をしている人の邪魔をしない、福利厚生がしっかりしていて従業員が活き活きと働く企業を目指すことが生産性をあげ、企業の成長・発展に繋がるのです。
何度も述べますが、従業員が快適に働ける環境がこれからの時代求められているのです。

海外ではTwitterが新型コロナの影響からリモートワークを無期限化し、ABW(Activity Based Working)と呼ばれる、仕事内容に合わせて働く場所や机を自ら選び、いつでもどこでも働ける仕事の仕方に変わってきているのです。
状況や仕事内容によって、柔軟に変えていくことがこれからは大切になってくるのでしょう。

その他おすすめ記事はコチラ

オフィスの生産性を上げる音楽とは?
  • その他おすすめ記事はコチラ | 音と職場ガイド
  • オフィスの生産性を上げるBGMとして近年話題になっている自然音。自然に近い環境の中で仕事をすると生産性が上がる。 「バイオフィリックデザイン」に基づいた考え方が脚光を浴びています。

    そんなオフィスBGMとしての自然音サービスの中からおすすめの3社をピックアップし比較 しました。費用や音質、導入企業、いちおしポイントが一目でわかるので今すぐチェック!

    おすすめサービス3社を比較する
同カテゴリの一覧を展開
  • 仕事の生産性を上げる音とは?
  • 仕事場とBGMについて
  • オフィスに効果のある音源